VIO脱毛 安心

VIO脱毛が人気の理由

VIO脱毛をする方は、年ごとに増え、人気がある脱毛となってています。 日本ではワキ脱毛は当たり前だけど、あまり一般的ではなかった部位です。
それが、最近はエステなどの施術で、きれいに脱毛する方もいらっしゃるようです。
理由はいろいろですが、エチケットの一つとして、デリケートゾーンのムダ毛はきちんとケアするべきと言ったこともあります。
下着やファッションなどで、そこに毛があることで、きわどいシチュエーションになってしまうこともあります。
セクシーランジェリーなどの場合、VIOにムダ毛があるのはご法度です。

事故処理が難しいVIO

今になってエチケットと言いますが、この部位にカミソリを向けたことのある方はとても多いでしょう。
それは水着を着用する時に、余計な毛がはみ出すことがあります。
そんな時には、家庭で緊張しながらカミソリ脱毛をして、後でとんでもないことになった経験がある方も少なくないです。
VIOの毛は、太くて多いです。
そのことでファッションの邪魔になったり、臭いの原因となることもあります。
しかし、この部位はわざわざ脱毛をするようなところではないと思われたのも確かです。

外国では当たり前?
海外女性は、VIO脱毛は当たり前とされています。
外国人男性が、日本女性は見えている部分はとてもきれいだけど、デリケートゾーンの毛の多さに驚いた話も聞きます。
毛の色が黒だからということもありますが、部位的に毛があることはおかしいと言うのが、諸外国のエチケットの一つです。
そのようなことを輸入したわけではないのですが、日本の女性であっても、デリケートゾーンの毛は剃りましょうという風潮になり、様々な方法が日本では常識範囲内になっています。
ですから、若い女性はVIO脱毛をする方が特に多いとされています。
家庭でもできることですが、カミソリなどは危険ですし、その後のケアも大変です。
VIOのOは肛門周りの毛ですが、ここは自身で行うのは危険ですし、きれいにすることは大変です。
そこで、脱毛サロンやエステでの施術が主な場所になります。
恥ずかしい格好にはなりますが、時間的に言うと数十分と言う短時間の施術ですし、その後の部位のきれいさを見たら、もっと早く行えばよかったと後悔する方も続出です。
料金的にも安いことから、人気が出るのも納得です。
自宅でそっと行うのも良いですが、デリケートな皮ふですから、VはできたとしてもIO部分の脱毛に関しては、プロにおまかせすることをお勧めします。


ハイジニーナ脱毛とは

ハイジニーナ脱毛は近年になって行われることが増えてきた新しい脱毛の一種です。 いわゆるVIOラインをトータルに処理してくれるレーザー脱毛手術のことを意味しており、昔から日本人女性があまり気にしていなかった女性器周辺の脱毛や肛門の周りの脱毛などを行う目的の施術のことを言います。
この施術をすることでアンダーヘアーが全くない状態を作り出すことが出来ます。
日本でも昔からVラインと呼ばれる水着を着た時に困らないように処理する脱毛のサービスは盛んに行われてきました。
一般的にはそこまでしか行わないのが普通でしたが、最近ではそれ以上のトリートメントが行われるケースが増えてきているのです。

全部ツルツルにしなくてもOK
そうは言っても完全になくしてしまうことには抵抗がある人も少なくないでしょう。
その様なケースにおいてはVIOラインのいずれかを少し残す様にお手入れをすることも可能です。
必ずしも全て無くさなければいけないわけではありませんので、自分なりの形を考えて実行するのが良いでしょう。
施術を行うたびに毛質が柔軟で柔らかいものに変わっていきます。
水着を着た時には特にそうですが、ムダ毛の心配をしないで済むのが特徴であると言えるでしょう。
ハイジニーナ脱毛にはその様なメリットがあります。

ハイジニーナ脱毛の種類

ハイジニーナ脱毛について知るには、具体的な脱毛方法に関しても理解しておくことが必要です。
女性にとってかなりデリケートな部分であるため、肌が荒れやすく炎症や色素沈着も起きやすい場所である事は多くの人が理解していると思います。
そのためカミソリ等の様に刺激の強いものを使用することはありません。
エステサロンなどで行う場合には主に光脱毛と呼ばれる方法で行われます。
これはフラッシュ脱毛と呼ばれる施術です。
医療機関などで行う場合には最も効果の高い皮膚科などで行うレーザー脱毛が推奨されますが、これはとても痛みが強いのが特徴です。
そのため誰にでもお勧めできるものではありません。
値段も非常に高いため、利用者を選ぶ施術であると言えるでしょう。
そんな意味でもエステサロンの光脱毛は推奨されます。

気になるお値段
光脱毛の施術は4〜5万円程度で6回ほどの施術が可能です。
通常のケースであればこれで十分ですが、体質によって必要な時間は異なりますので8〜12回ほどを見ておけばどのようなケースでも間違いないと言えるでしょう。
レーザー脱毛に比べると少々時間がかかりますので時間を急いでいる場合にはレーザー脱毛の方が良い場合もあります。